営業が顧客に説明するのにVPN接続で会社内の資料をすぐに提示できます

VPN接続の使用例

 

ノートパソコン、タブレットで標準機能であるVPN接続を使用して安全に社内のネットワークに入ることができます。

iOS、Windousパソコン

iPAD、アンドロイド、Windous タブレット

どれでもOKです。


社内のパソコンに接続し、離れた場所から操作できます。

パソコンの前なのか、離れた場所なのかの違いだけです。

エクセル、ワードで作成された資料が即座に取り出せます。

そのパソコンがサーバーに接続されていればサーバーのデータも同様です。

又、ソフトウェアも稼働できます。インストール型のソフトウェアをASP型にする必要なく使用できます。

但し、顧客に画面を見せる場合は見せて良い、悪いの情報切り分けが必要です。

 


遠隔のパソコンに接続として「TeamViewer」、「anyDisk」、「pcanywhere」などがありますが、コスト、使い勝手を考慮してVPN接続が良いと思います。

 


 

社内がLANで接続されサーバーにデータが一元管理されている場合は

サーバーに接続することで接続時のパソコン占有問題は解決します。

サーバーに職員毎のデータが有れば取り出せます。

複数の営業が同時に接続できる仕組みも構築できます。

 


営業が出先でパソコン、タブレットを盗難、紛失したら

そのパソコン、タブレットの接続を不可にし侵入を防ぐことが出来ます。